トリキュラーで不安を解決した女性の画像

トリキュラーとは低用量ピルと呼ばれる最も安定した避妊手段をもつ避妊薬です。トリキュラーを試してみたいけど不安という方や、自分にあった避妊薬をお探しの方が利用しやすいように効果や気になる副作用などを解説していきます。

2017年02月の記事一覧

家族性高コレステロール症はトリキュラー服用は危険

ピルは女性のライフスタイルを、サポートしてくれる薬です。
避妊薬としてのイメージが強く、何となく服用に抵抗を感じる女性も多いようですが、正しい知識を身に着ける事で様々なメリットを得られます。
まず、ピルの効果として多くの方がご存じなのが、避妊の効果です。
ピルを服用する事で、排卵がストップする為、避妊の効果を得られます。
この他に子宮内膜が厚くなるのを防ぐ働きから、生理痛や子宮内膜症の治療薬としても処方されています。
服用するタイミングを変えれば、生理を早めたり遅くする事も可能です。

このように、ピルは女性特有の辛い症状を緩和したり、より負担が無いよう生活を送れる薬なのです。
ですので、イメージから服用に躊躇するのではなく、思い切って活用してみましょう。
トリキュラーをはじめとする、低用量ピルであればホルモン剤が最小限に抑えられている為、副作用も起こり難くなっています。
特にトリキュラーは3相性ピルと呼ばれるタイプの低用量ピルで、自然なホルモンバランスに近づけるよう、ホルモン剤が3段階に変化する点が特徴です。
服用する際は錠剤を飲む順番に気を付ける必要はありますが、従来のピルに多かった不正出血が起こり難いと言われています。
体への負担も軽いトリキュラーですが、家族性高コレステロール血症の方は、服用すると危険です。
女性ホルモンのエストロゲンは、コレステロール値を上げる作用があります。
ピルにもエストロゲンが含まれており、服用するとコレステロール値が上がり、血栓症を発症するリスクが高まります。
家族性高コレステロール血症の方は元々、血栓ができやすい状態です。
ピルを服用すると血栓症を発症するリスクが、家族性高コレステロール血症で無い方よりもアップします。
ですので、服用には十分に注意しましょう。

続きを読む