トリキュラーとは低用量ピルと呼ばれる最も安定した避妊手段をもつ避妊薬です。トリキュラーを試してみたいけど不安という方や、自分にあった避妊薬をお探しの方が利用しやすいように効果や気になる副作用などを解説していきます。

トリキュラーで不安を解決した女性の画像

記事一覧

トリキュラーは他の低容量に比べ副作用が少ない

トリキュラーは低用量ピルですが一番日本では有名で女性に愛されています。
何故それほどまで人気なのでしょうか。
実は副作用が他の低用量ピルに比べて少ないのが魅力なのです。
低用量ピルの副作用と言えばめまいや目の障害や胸が痛くなったり吐き気、頭痛や腹痛などがあります。
これが人によっては耐えられないほどの苦痛になることもあるのです。
避妊のためには仕方ないとはいえ、毎日飲むものですので苦痛を強いられてまで飲みたくないと思う方も出てきます。
トリキュラーも一応薬ですので全く副作用がないわけでありませんがこれらの症状が出る割合が非常に低いのです。
また出たとしても軽微なもので気になるほどではありません。
そのため避妊薬として愛用する方が増えています。
ただ副作用の出にくいのは正規のトリキュラーだけです。
実はトリキュラーには偽物も少なからず存在します。こちらは本物とは成分が違いますので避妊効果も怪しいですし副作用も出る可能性が高いのです。
場合によっては重篤な症状になることもあります。
不自然なくらいに安いトリキュラーが販売されていた場合は避けたほうがいいでしょう。
ネットの海外の輸入代行サイトでは安く購入できますがそれでも異常なくらいに安くなる事は有りません。
ただ副作用には個人差がありますしトリキュラーとはいえ持病や飲んでいる薬によっては重篤な症状が出ることもあります。
ネットで購入する場合は禁忌症をよく読んでから購入してください。
処方してもらう場合は薬剤師や医師の注意を聞いてから飲まなければいけません。
問診の時には些細な事でも気になることがあれば報告するようにしてください。
また飲んだ後に体に異変があった時にも病院でみてもらうことが大事です。

続きを読む

生理痛の腹痛にも効果が期待できるトリキュラー

生理痛は、プロスタグランジンというホルモンの影響によって起こると言われています。
プロスタグランジンは生理の周期に合わせて分泌されているのですが、それは子宮の筋肉を収縮させることが目的です。
生理の経血はもともとは子宮の中に出来た子宮内膜です。
妊娠した場合には受精卵が着床する場所なので排卵のたびに作られるのですが、妊娠しなくなった場合には子宮内膜は用済みになってしまいます。
次の排卵に合わせて新しく子宮内膜を作るため、古い子宮内膜を早く体外へ排出する必要があるので子宮の筋肉を収縮させる作用があります。
その作用によって出産の場合の陣痛促進剤としても利用されている成分です。
もう一つのプロスタグランジンの特徴は、痛みを感じやすくすることです。
通常のタイミングなら痛いと感じないものでも痛いと感じてしまうようになります。
これらの働きにより、生理痛が起こると言われています。
トリキュラーは低用量ピルと呼ばれる避妊薬です。
トリキュラーの中には女性ホルモンが配合されていて、服用することで体内の女性ホルモンののバランスを整える作用があります。
その作用によって子宮内膜が厚くならないという特徴があります。
生理痛の原因となるプロスタグランジンは子宮内膜に含まれているため、子宮内膜が薄くなれば生理の時の腹痛が軽減されるようになります。
子宮内膜が厚くならないため生理の時の経血の量が減ったり、期間が短くなる人もいます。
生理痛の原因はプロスタグランジンが冷えなどの血行不良によって排出されづらくなることも原因だと言われています。
トリキュラーでプロスタグランジンの分泌量を減らしながら、身体を温めて血行を良くすることで早くプロスタグランジンの排出を行い生理痛を軽減することができるようになります。

続きを読む