トリキュラーで不安を解決した女性の画像

トリキュラーとは低用量ピルと呼ばれる最も安定した避妊手段をもつ避妊薬です。トリキュラーを試してみたいけど不安という方や、自分にあった避妊薬をお探しの方が利用しやすいように効果や気になる副作用などを解説していきます。

生理痛の腹痛にも効果が期待できるトリキュラー

生理痛は、プロスタグランジンというホルモンの影響によって起こると言われています。
プロスタグランジンは生理の周期に合わせて分泌されているのですが、それは子宮の筋肉を収縮させることが目的です。
生理の経血はもともとは子宮の中に出来た子宮内膜です。
妊娠した場合には受精卵が着床する場所なので排卵のたびに作られるのですが、妊娠しなくなった場合には子宮内膜は用済みになってしまいます。
次の排卵に合わせて新しく子宮内膜を作るため、古い子宮内膜を早く体外へ排出する必要があるので子宮の筋肉を収縮させる作用があります。
その作用によって出産の場合の陣痛促進剤としても利用されている成分です。
もう一つのプロスタグランジンの特徴は、痛みを感じやすくすることです。
通常のタイミングなら痛いと感じないものでも痛いと感じてしまうようになります。
これらの働きにより、生理痛が起こると言われています。
トリキュラーは低用量ピルと呼ばれる避妊薬です。
トリキュラーの中には女性ホルモンが配合されていて、服用することで体内の女性ホルモンののバランスを整える作用があります。
その作用によって子宮内膜が厚くならないという特徴があります。
生理痛の原因となるプロスタグランジンは子宮内膜に含まれているため、子宮内膜が薄くなれば生理の時の腹痛が軽減されるようになります。
子宮内膜が厚くならないため生理の時の経血の量が減ったり、期間が短くなる人もいます。
生理痛の原因はプロスタグランジンが冷えなどの血行不良によって排出されづらくなることも原因だと言われています。
トリキュラーでプロスタグランジンの分泌量を減らしながら、身体を温めて血行を良くすることで早くプロスタグランジンの排出を行い生理痛を軽減することができるようになります。