トリキュラーで不安を解決した女性の画像

トリキュラーとは低用量ピルと呼ばれる最も安定した避妊手段をもつ避妊薬です。トリキュラーを試してみたいけど不安という方や、自分にあった避妊薬をお探しの方が利用しやすいように効果や気になる副作用などを解説していきます。

低用量ピルであるトリキュラーの使用に危険はあるのか

トリキュラーは毎日同じ時間帯に服用し、服用の順番を守るという正しい使用をすれば、高い避妊の効果と子宮系の治療にも期待することが出来る低用量ピルの1つで、人気があります。トリキュラーは女性本来のホルモンバランスに近付けた3段階に有効成分が配合されているので、低用量ピルの中でも比較的副作用が少ないとされています。しかし副作用が全くないわけではなく、吐き気や頭痛等、妊娠初期のつわりに似た症状を副作用として起こしますが、トリキュラーのシートを使い続けていくうちに副作用は気にならなくなるということも分かっているので、生活に支障を与えるような副作用でなければ、ある程度様子を見てみると良いかもしれません。
トリキュラーの様な低用量ピルには1つだけ、血栓症を引き起こすという重大な副作用を引き起こす可能性が0ではないということがあります。血栓症は血流を悪くし、場合によっては脳梗塞や心筋梗塞の様な血管の病気を引き起こす場合があるので、低用量ピルの服用は危険だと思い、服用を止めようかと考える人がいるかもしれません。しかし医学が進歩した現代においては、以前ほど血栓症を引き起こすリスクは下がり、ほとんどの人が安心して服用できるようになりました。しかし煙草を吸う人は血栓症を引き起こすリスクが高まるため、トリキュラーに限らず低用量ピルを服用する場合は先に禁煙しましょう。最近では耳鼻咽喉科などの身近な個人病院でも禁煙外来を設けていることが多くなりました。禁煙外来では約3ヶ月を目標に禁煙を目指すので、先に禁煙をしてからでも遅くはないでしょう。また煙草を吸う本数や喫煙年数によっては健康保険が使える場合もあるので、安心して取り組むことも出来ます。
タバコを吸う人は血栓症を引き起こすリスクを下げてから、そうでない人は危険だと思い込まずにトリキュラーを使用して下さい。