トリキュラーで不安を解決した女性の画像

トリキュラーとは低用量ピルと呼ばれる最も安定した避妊手段をもつ避妊薬です。トリキュラーを試してみたいけど不安という方や、自分にあった避妊薬をお探しの方が利用しやすいように効果や気になる副作用などを解説していきます。

トリキュラーやジェニーと抗生物質の飲み合わせ

トリキュラーは低用量ピル、ジェニーは中用量ピルです。どちらも経口避妊薬ですが、他にも生理痛やPMS、生理不順、月経量異常、子宮内膜症の症状改善のために処方されることもある薬です。病院から処方される薬は市販されているものと違い効果や効能がきちんと認められているものなのですが、その分市販のものよりも良く効くものです。しかし、良く効くからこそ他の薬とのお見合わせに注意が必要となります。避妊のためにトリキュラーやジェニーを飲んでいる時に、他の不調で抗生物質を飲まなければいけない時の飲み合わせはどうなっているのでしょうか。
基本的に、ピルと市販されている薬との飲み合わせの禁忌はありません。処方されている薬に比べ濃度が低く、誰が飲んでも安心なように作られているため、ピルを飲みながら必要な薬を必要な場合に飲んでも大丈夫だと言われています。注意しなければならないのは病院から処方される抗生物質です。抗生物質の全てがピルとの飲み合わせが禁忌だというわけではなく、ペニシリン系とテトラサイクリン系はピルの効果を下げてしまうことがわかっています。ピルの効果は女性ホルモンのコントロールを行うことで排卵をストップさせて妊娠することを避けることと同時に、女性ホルモンのコントロールによって生理痛など様々な不調を軽減してくれるものです。ピルの効果が下がるということはピルによる女性ホルモンのコントロールが上手く行かないということでもあります。そのため、ペニシリン系とテトラサイクリン系ではない抗生物質の処方をお願いするようにしてください。また、市販されているサプリメントのセントジョーンズワートも同じようにピルの成分の吸収率を下げてしまう可能性があります。ピルを飲んでいる間はセントジョーンズワートのサプリも飲むことを中止するようにしましょう。